安全運転管理の体制作り



 安全運転管理を効果的にすすめていくためには、安全運転管理者が中心になって、社内の安全運転管理の体制づくりを行うことが必要です。


1 組織づくり

まず組織づくりを行います。安全運転管理者の権限をハッキリさせ、指示・命令系統を確立します。 そして、各部所ごとに管理責任者を任命し、その役割分担を具体的に決めます。

2 規程・様式類の整備

次に、すべての管理業務の基準となる安全運転管理の規程・様式類を整備します。 主な規程には次のようなものがあります。

(1)安全運転管理規程

(2)運転者服務規程

(3)車両管理規定

(4)マイカー通勤管理規程

(5)無事故無違反表彰規程

(6)交通事故処理関係規程


また、主な様式には次のようなものがあります。


(1)運転日誌

(2)運転者台帳

(3)車両台帳

(4)交通事故報告書

その他、「表彰制度」、「社内運転者認定制度」といった制度を導入したり、「小集団活動」、「事故事例研究会」などの教育システムづくりをすすめ、より効果的な安全運転管理をすすめていく必要があります。