安全運転管理者制度とは



 今日の事業所活動では、自動車は不可欠な存在であり、自動車を使用することで大きな利益を享受しています。
 その反面、自動車は常に交通事故を起こす危険性をもっており、ひとたび事故を起こせば、事業所は多くの損失を被ることになるばかりではなく、社会に大きな迷惑や損害を与えることになります。
 そこで、道路交通法では一定台数以上の自動車を使用する事業所等に対して「安全運転管理者」を選任し、自動車の安全な運転に必要な業務を行うことを規定しています。
 これが「安全運転管理者制度」といわれるものです。



道路交通法第74条の3(参考)